FC2ブログ

ペットじゃないよ家族だよ

コメントいろいろ
07 /09 2019
いつのまにか、ペットがペットでなくなり
家族になってしまった

ペットのままでいたなら楽だったかもしれない

いろんな心配することも少なく
お別れの時だってちょっとすれば立ち直れる

動物の医療も進み
予防もできるようになり
食事も改良され、療養食も多種多様

寿命が長くなり
長い間一緒にいる家族になる

ハムスターを飼っていた時
2~3年で亡くなった時、やっぱり泣いちゃったけど
すぐに立ち直れた
ペットだったから

長い間、そばにいた家族なら
そんなふうにならない

ペットがペットでいてくれたら
どんなに楽だろう


jjEENIN2YbQAe0u1562488658_1562488829.png
そうだよ、ゴンは家族、三男だよ


ハチ事件でお友達になった上のお家
介護されていたわんこさんが亡くなりました

いつも見ているブログでも急に倒れ、
歩けなくったという高齢犬さんが2匹

ブログで毎日見ていただけでも
辛いのに、ご家族は・・・

最近こんなことばかりで
私が悲しんでも仕方ないのに

家族になってくれる動物たちは
大きな幸せを運んでくれるけど
それだけ、大きな淋しさもやってくるのは
あたりまえだけど

昔の番犬だけであったわんこ
ご飯をあげて、
ちょっとなでるぐらいの可愛がり方
3~5年でお別れだった

そんなぐらいのペットの時代を
時々、振り返る

君は家族になりすぎちゃったよ

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

そんなとこから人生観&ゴンとコロコロ

コメントいろいろ
07 /03 2019
ハチ騒動もとりあえず終息を迎えそうです

ハチは素敵なお友だちを連れてきてくれました

いつも思うのですが、
大変なことも、何かにつながって
結局はいい方向へ向かっている

そこへ進むためのことだったのではないかと

いつも、結果的にいいことへつながるんだ

そうそう、2年前のスズメバチ事件も
優しい業者のおっちゃんと出会えて

シロアリ防蟻の薬剤散布をお願いし
その時、庭にあるラティスに白アリがいたのを
発見していただき退治できたこと

それがなかったら家にやってきていたかも

2年前も今回もハチさんはご縁を運んでくれたんやね

人生、ずっと行くべき道へ進んでいるんだ
  蜂からそんな人生観に落ち着くのか


     

毎朝、ゴンが一緒に寝ていたため
布団についた毛ををコロコロするとき
ゴンが喜んでやってくるのを
お父さんに撮ってもらいました

2cC4zq5tPdiQ_Qi1562064383_1562064532.png
はいはい、ゴンもコロコロしてあげるね~

このお母さんとゴンのひととき
とっても幸せなふたりなんだ

毎朝の楽しいひととき

kNPjeBHVRp9fF9A1562065180_1562065424.png
しばらく続くこの時間

お父さんが布団をコロコロしていても
ゴンは、こんなふうにコロコロして~って
行かないんだよ

へへへ~

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

今と昔、どっちが?

コメントいろいろ
06 /19 2019
母の日のはなし

私が子供の頃、母の日の前に
小学校の講堂で
母の日にプレゼントしましょうって
紙で作ったカーネーションに安全ピンがついた
ブローチのようなものが10円で売っていた
買うものだとみんな買っていた

赤いカーネーション、白いカーネーション

白いカーネーションはお母さんがいない人

こんな残酷なこと
昔、あったんだよ

昔って心無いこといっぱいあった

片親しかいないと差別もあった

子供も大人も人を傷つける言葉を
平気で言っていたし
今のような見えないいじめでなくて
見えるいじめがいっぱいあった

今は頭のいい、残酷ないじめだけど
昔は、心無い残酷さだった

セクハラやパワハラも当たり前だったし
いろんなハラスメントだらけだった

そんな中、たくましくみんな生きていた気がする

今は、守られる世の中になって
心無いことが少なくなってきてから
その分、うたれ弱い人間になってきたのか

でも今の世の中は、昔と違うストレスがあり
便利になったかわりに
大変なことも出てくる

どっちがいいんだろうなあ



hannsei.png

ゴンさん、しょぼ~ん

散歩に行く前、お母さんに怒られて
反省中

怒られているってわかるんだよね

この後、散歩に行こうっていうと

「お母さん、もうおこってないの」と
ほっとした顔して
いつもより、張り切って玄関出ていくゴン

人間の子供といっしょやなあ

もう全然怒ってないよ

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

いつまで運転するか考えよう

コメントいろいろ
06 /06 2019
高齢者の運転事故が続いてますが
どうして、こういうことって続くのでしょうか

今までもあったのに取り上げられなかった
確かに死傷者が出ない場合はニュースにならないから
事故はあったのかもしれない

自分もいつまで運転できるか考えよう

運転好きで運転上手な姉も70歳になって、
今までより注意力がなくなっている

70歳になったらお母さんはやめましょか
あっジムに行かなあかんから
やっぱり運転することになるか・・・というと

おとうさんが
「俺がジムの送迎するようになるのかなあ」

いやいや、一緒にジムに行きましょ
   ね~

でも、今の車の機能は進化してます
死角になっている隣車線の車やバイクを
サイドミラーが光って教えてくれたり
車庫から車の鼻先を出すと、
運転席から見えない左右がモニターで見える

どんどん、いろいろ進化していくだろうけど

私たちが免許証返納しなければいけない年頃に
自動運転が完璧にできるようになってますように

でも、認知症が少しでもあったら
自動運転も意味ないかあ・・・





それにしても昨日は暑かった
ゴンさんのハアハア(*´Д`)が止まらない

jJU3RkMZqqQSD6h1559732347_1559732492.png

夜、お父さんも
「お母さん、今部屋の温度何度か知ってる」
「28度やで」

ふ~ん、それがどうした

扇風機がいいお仕事してくれはります
扇風機(サーキュラー)対応でおねがいします

クーラー入れるのはもう少しお待ちくださいませ

我が家は人間が我慢できるか基準でなく
わんこが可哀想かどうかで決まりますから

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

わからないけど頑張る

コメントいろいろ
05 /25 2019
昨日のブログに書いたおばあさんの話から
私の母のことを少し

私の母は私が結婚してからずっと一人で暮らし
娘たちに迷惑かけないように元気でいるために
食事も一人でもちゃんと作り
いろいろ頑張ってくれてました

茶道華道を教え、社交ダンスもして
お友達と過ごしたり、頭を使うゲームをしたり
認知症には遠い生活をしていました

それでも80歳を前にして、あれっと思うことが出てきて
私の家族と一緒に住み始め
ある日お財布がなくなった事件が起こりました

FHayhGFzuzkPjDT1558697548_1558697694.png

母の脳のMRIを見ると脳の萎縮で
大きな隙間ができていました

体は元気なのに、できないことが増えてきて
何もわからなくなっていく

認知さえなければまだまだ楽しい人生が
おくれたのにと可哀想でした

認知症は脳の病気なので、どうにもならない
もちろん、いろいろ気を付けて
予防もある程度はできると思いますが
どの程度までできるのかわからない

そして、認知症は遺伝性が高いというので
私には明日は我が身です

トールペイントで手先を使ったり
ジムで走ることも予防にいいと聞きます
いろんな人と接し、ストレスなく暮らし
できるだけ息子たちに心配かけないように
いつまでもしっかり人生を生きていきたい

でも、そう思っていてもわからない

認知症を治す薬、できるといいながら
なかなかできない
早くできてほしいよ

Umk9j3qwFh2KxsT1558696897_1558697250.png

認知症になっても
うちのおばあちゃんは食べたことは忘れても
食べることは忘れなかったよ

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
大金をおろしていたおばあさん、
アポ電詐欺にお金渡すためじゃないよね
いまさらながら、心配