FC2ブログ

ルナのヘルニア

わんこ
04 /24 2017
昨日、ルナの椎間板ルニアのことに触れたので
あの日のことをちょっと・・・

8年前のこと、3時ぐらいに散歩に行くが、少し歩いたらルナが歩かない
ルナは散歩が好きではないので
歩かないならもうやめよう
と私は少し怒った感じで家に帰る

ルナは寝てしまったんだけど
6時ぐらいに、なんか変な予感がして
起きたルナを見ていると歩かない

もう、ヘルニアという言葉しか頭になくて
夕方帰ってきた長男とすぐ病院へ連れていく

後ろ足の返りが悪いので検査に入り
次、診察室に私が入った時
ルナは後ろ足を引きずって私にやってきた

もう後ろ足がマヒしてる
3時には歩いていたのに

進行がかなり早いので
一刻も早い手術が必要でMRIを受けたあと
夜中の緊急手術になるかもしれないのでお預かりします

ということでお任せして帰ってきた

その頃高校生だった次男が帰ってきてルナがいなくて
話を聞いて、大泣きしていたよ

11時ぐらいにレベル4なので手術します
の連絡が入る

夜中2時に無事終わったとの連絡

翌日行くとまだ歩けないけど元気なルナが
私たちを見て喜びケージ中で騒いでいた

2日後にはもうケージの中で立っていた
3日後には歩いていた

早い対処でルナは完全復活できました
夜中、動いてくれた先生のおかげです

とにかく、ヘルニアは一刻も早い対処が必要です
ルナのような早い進行もあるので
ダックスのいる家庭の方は頭に置いておいてくださいね

今でも必死で足を引きずって私にやってきたルナを
忘れられない

2年後、二回目の別の場所のヘルニア発病、手術
その後も内科的治療で回復したヘルニアも

でも、今も元気で歩けています
年相応の衰えはあるけどね


kako-BhT1Gvo5hjUJ7gkM.jpg

今日も相変わらず、お母さんに意地悪しているルナです


僕はルナさんのようにきゃしゃな足でなくぶっといあんよなので
安心しているお母さん、油断は禁物やで~にぽちっ

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント