fc2ブログ

墓参りでまた思う

お家のこと
03 /21 2024
昨日は雨が降る前に
隣の市にある旦那さんの方のお墓参りへ

少し前の義父の命日に義弟が行ってくれたので
お彼岸はうちが行きました

普通の兄弟はこんなふうに受け持ちますよね
うちの姉妹はそうはいかなかった

義弟の息子は近くにいるので
この先はお墓の面倒は見てくれるでしょう

でも、うちは二人とも遠く
私たちがいなくなったら帰ってこないだろうし
もし私たちがこのお墓に入っても
お墓参りは来ないと思う

お骨拾いをしなくてお骨がなければ
納めるお骨もなくお墓はいらないのではと
ずっと考えています

お骨の扱いはいろいろと難しいし
散骨にしても許可とかいるし

だから私のお骨は放棄できないかなって

先日、それができるって耳にしたのですが
どうなんでしょうね

いつか真剣に調べてみよう

私の両親のお墓は墓じまいしたけど
私たちのお墓でも息子達に負担ないようにしたい


風の強い中、お墓参りをすませて
お昼は いつものうどん屋さんで
キノコあんかけおろしそばを食べました

少し残したけど食べれました

風邪を引くと、自分の弱いところが調子悪くなる
私の場合は 喉と胃

家に帰ると疲れて寝てしまったよ


旦那さんは今日、名古屋でゴルフなので
昨夜から名古屋へ行きました

「行ってくるね」と 出ていく旦那さんを
寝ながら見上げてなんか淋しかった

体調万全でないから心細いからだろうけど

でもこの歳になっても 気持ちは
恋愛新婚当時と変わってません

こんなことを書くと 
ありえないと めいっぱい引かれることでしょう
 少しは同じような人もいると思いますが

旦那さんも「早く帰ってくるね」と


IH9gB8SZiGaA3yS1710933780_1710933850.jpg


まあ、珍しい貴重な夫婦だと思います

名古屋と関西でMLBをみてラインのやりとり
大谷さんを見ながら
  旦那さん 「打った」 
   私  「嫁が可愛い」

可愛い大谷夫人に癒やされます


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



誕生日でもあり命日でもあり

お家のこと
03 /09 2024
昨日はめちゃくちゃ寒かった
3月半ばになろうとしているのに
2月よりよっぽど寒い

2月はダウンコートなどあまり着なかったのに
3月になってから結構着てる

先週、近くのお寺の満開という梅を
見に行くのを忘れてしまったと思ったけど
この寒さだと今週末でもまだ満開かな


    


今日は旦那さんの誕生日
同い歳は7月までの4ヶ月間
貴重な4ヶ月です
私が1歳年上になると年寄り扱いされますからね

何回も書いてますが
旦那の誕生日は私の父の命日でもあります
57年たちます

父が亡くなってから母子家庭の日々
年の離れた姉は4年後に結婚し
その後は母と二人暮らし

いろいろありました
母にとっても小中学校生の私にとっても
幸いお金には困らなかったけど

私は占いは信じないけど
私たちの友だちが証券会社を辞めて
占い師になったので びっくりぽん
旦那さんが自分だけでなく
私の運勢も見てもらってきたら

私は幼少期から25歳ぐらいが
人生で一番悪い運勢でした

当たってますね

何がいろいろあったかは書けませんが
父が生きていたときも入退院の繰り返し
母子家庭でのあれこれ
旦那さんとの結婚までの道のりも長かった

旦那さんと結婚したのは26歳の時
私はその頃から運勢が良くなってきたと思ってます

私は旦那さんのおかげで
普通の家族生活を送れ
今が一番幸せだと思ってます


SjeBxXycyMSHBcg1709897812_1709897860.jpg


なんだか誕生日を祝うより
結婚記念日に書くブログになってしまったかも

とりあえず誕生日おめでとう
65歳だけど まだまだ頑張って働いてや~(^_^)v


にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村

人間の気持ちって複雑

お家のこと
02 /19 2024
1泊の名古屋浜松から帰ってきました

土曜日のことになりますが
今まで1年に一回とはいえ
毎年、会っていた従姉妹達とこれからは定期的に会えない

3人で淋しいねと話しましたよ
69歳67歳65歳
みんなおばあちゃんになりました

また、いつか会おうね

姉と甥っ子一人も来ましたが
私からは姉には話しかけず
甥っ子とはいろいろ話しましたが

姉は義兄のお寺で母の永代供養を頼むようです
好きなようにしてくださいね

墓じまいなどの費用に関しては何も言わず
お供えのほんの気持ちを持ってきました

義母の法事の時などは義弟とお布施も折半なんですけど

まあ、これで本当にこちらから姉に連絡することは
ないと思います

私も勝手な人間で
お墓のことをちゃんとしてすっきりしたかったのに
いざ、お墓がなくなりお寺にも行く機会がなくなる

となると、墓じまいをしたこと
これで良かったのかと思ってしまう

お墓のことも姉とのこともこれで終わり
すっきりしたんだと言い聞かせてるところがあります

人間の気持ちって複雑です


その日のお昼ご飯は1時過ぎになり
鰻を食べておなかがいっぱいだったので

旅館の晩ご飯があまり食べれなくて

18B50B28-F74A-462B-8A0F-C67EEDD4D8D4.jpg


いっぱい美味しそうなお料理なのに
旦那さんでさえ、お肉を見ただけで
食べれないというかんじ
せっかくの美味しいお肉なのに一口でギブアップ

439C92A1-2481-4BA7-B43F-9F14EE825533.jpg


残してしまってごめんなさいでした
そもそも、シニアにはこの量は食べれないですね

旅館の泊る時に昼ご飯に鰻は
これからはやめます

長くなりましたので
墓じまいの事、費用のことは
明日にのばしちゃいます
申し訳ないですがまた訪問してね

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村

最後のお墓参り

お家のこと
02 /18 2024
昨日は最後のお寺とお墓参りに
名古屋へ行ってきました

長男と次男ファミリー
姉と甥っ子 従姉妹2人
お寺で七回忌をして

お墓のある平和公園へ

お墓は今月末になくなり
共同墓地に埋葬してくれます

永代供養で五〇回忌までは
お寺がお参り供養してくれます

姉や従姉妹達ともお別れをし

そのあと予約で一悶着した鰻屋さんへ

IMG_8336.jpg


詳しいことは明日また報告させてください

ホテルのWi-Fiが良くなくて
一度書いたことが 消えてしまったり
なかなかつながらなかったりと
めげてしまいました

今日はこれにて

墓じまいと永代供養の費用も
参考までに明日書きますね

今日は次男ファミリーと過ごして
帰ってきます


にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村

今度こそ 姉とは最後に

お家のこと
02 /15 2024
昨日はバレンタインデー
旦那さんが義理チョコをもらってきましたが
年々 義理チョコ文化もなくなってきたようですね

4A7A5F31-E5EB-40EA-820B-9D56150FD32E.jpg
下が中身です


ちょうどいい量の私のお菓子になりました
しかも好きなクッキーや焼き菓子系

ナイスです、会社の女子


    


昨日の話の続編となりますが

毎年のお盆の名古屋のお墓参りは
子供が小さい時はみんなで
長男は大人になってからも数回行ってくれましたが
最近は私と旦那さん、そしていとこたちのご家族
大勢で行ってました

そこに私の姉は参加していません

私が結婚してから旦那さんが
私と母を連れて名古屋へ行ってくれるようになり
徐々に私に任せるようになり

以前もブログに書きましたが
私が母と同居して介護をしてからは
ますます実家のことは私が継いだからと
当然のように行かなくなりました

何回も書きますが継ぐってどういうことなのか
何も継いでいませんが


去年のブログ参照 →

さすがに母が亡くなった初盆と一周忌などは
出席しましたがその後のお墓参りは行っていません

葬儀、法事など全部私がしました

でも葬儀の喪主は長女の自分がすると言い
結局 葬儀屋さんの案で私と連名になりました


そんな姉との関係を私からは切ったも同然ですが
七回忌のことを連絡しないわけにもいかず
連絡したら行けないかもしれないと返事

ところが先日 姉と甥二人と参加しますとメールあり

それを聞いて、もう憂鬱な気分になりました

甥っ子に会うのは嬉しいですが
姉と会うことはやっぱり私にはストレスなんだと
あたらめて感じました

そう、1年前に縁を切ったとブログに書いてました

七回忌はいとこもきてくれるし
そのあとは長男次男たちと過ごすので
お墓参りをした後 解散します

ところが 今朝孫3号が発熱
長男達が来れなくなりそう
今までも何回も名古屋のお墓参りには
こういうことがありました 残念


今度こそ 姉とはこれが最後にしたいです

いとこたち姉妹は 仲良い姉妹
うらやましいです

ブログ見てコメントくれました
懐かしい話に涙してくれたみたいです

小学生の私、結構細かいこと覚えてるんです
プールの帰りに食べた名古屋のみそ田楽のこんにゃく
おいしかったなあとか

姉のいとこと私がつるんじゃったこととか
 (妹のいとこ ごめんなさい)

幼き頃の思い出はとても貴いです
ずっと忘れませんよ

認知症になっても今のことは忘れても
昔の話は覚えてるものですから


にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村