FC2ブログ

震災20年

未分類
01 /17 2015
阪神大震災より20年。

関西では震災に関するテレビを少し前からいろいろ放送しています。
見ては、当時を思い、泣けてきます。

当時マンション10階に住んでいた私たちは、震度7どころではありませんでした。
和室で寝ていたら、グラグラ・・・・そのうちグヮ~ングヮ~ン・・・
マンションは倒壊する、私の人生終わったと思いながら、
食器棚から食器がおちるガチャガチャという音、家具が倒れる音を聞いていました。

幸い子供たちの2段ベッドだけは倒れず、和室にも家具を置いていなかったのでみんな無事
実家の母も重い昔の黒檀のタンスの下敷きになっていたにもかかわらず無事

数日間の小学校の体育館の避難生活。
体育館の底冷えではとても眠れなく、夜中も余震があるたびに
そこにいるいっぱいの人たちと,わぁ~と叫んでおののいていました。

しばらくはテレビはAC広告と震災のニュースばかり。
やっと普通のドラマが始まったと思ったら、もう数話すすんでいて
関西以外では変わらず放送されていたのだと、悲しかったですね。
同じ日本にこんな被害が出ているのにみんな普通の生活しているんだと
当たり前のことだけど。

それからも、いろいろありました。
まわりの人たちも。
人生観、変わりました。

あれから20年たつんですね。

関東では、阪神大震災より、地下鉄サリンの20年かもしれませんが。

今日はこんな話だけにしようと思います。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント