FC2ブログ

わんこの今昔ものがたり

コメントいろいろ
04 /12 2019
私が子供のころ、初めて飼ったわんこは
隣の空き地で捨てられていたわんこだった

庭の犬小屋で飼っていたから
わんこの細かい変化や様子など気づかなかった

今回のゴンの鼻の腫れなんてあっても
絶対気づかない

ご飯も私の母はご飯とちくわを炊いたり
ほとんど残飯で魚も骨ごとあげていた

わんこに悪い食品なんて知らなかったし
外で飼っていたからフィラリアになって
3年ぐらいで亡くなった

その後も何匹かわんこを飼ったけど
長生きできなかった
(私が保健所から引き取ったり、いつも私が連れてきた)

庭に鎖でつないでいたので(当時はどこもそうだったよ)
鎖を放してあげて外に出すと
わんこは勝手に近所を走って遊んでて
しばらくして名前を呼ぶと帰ってきた

けして、田舎に住んでいたわけでないけど
そんな世の中だったよ

ルナが我が家にやってきたのは18年前
わんこには毛皮があるのに
わんこ服を着せるなんて人間の勝手だと
着せてこなかった(昭和の人間だもんで)

20年以上ぶりにわんこを飼うのに
20年前の感覚だった

z0VDowqRhg75Wm71554976051_1554976258.png

でも、家の中で生活しているわんこには
防寒着もいるし、抜け毛対策にもなること
後できづいたんだよね

古い人間の固定観念はあかんね

今はペットでなくて家族だから
一緒に生活して、一緒にお出かけして
ずいぶんかわったよね

楽しい家族の一員

でも、だからお別れが悲しい

外にいて、あまり一緒にくらしていなかったわんこでも
毎回泣いていたわたしなのに
別れが辛すぎる

IMG_0917.jpg

こうしてブログ書いている時も
ゴンは横で寝ているんだよ

だから、些細なことも見逃さないから
安心して寝ていてね

わんこも人間も限られた時間だけど
できるだけ一緒にいようね

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

昔飼っていた我が家のわんこも、近所の公園に捨てられていました。
庭で飼い、散歩に連れて行かなくても鎖を放せば勝手に近所を走って遊んで、
名前を呼ぶと「全力疾走で」戻ってきました。
なぜなら、ゴハンの時間だから(^◇^;)
物凄いスピードで走ってくるので、埃が舞い上がるほどの勢いで飼い主のいる所に急停止!
ゴハンは残り物のご飯にお味噌汁をかけたりして食べさせていました。
しかも丼ぶり茶碗一杯!
ゴンちゃん級の食いしん坊なので、あっという間に平らげてしまいました。
でも、フィラリアになってしまったのです。
わんこを飼うのが初めてでフィラリアを知らなかったとは言え、可哀想なことをしました。
今日のブログを読んで、昔のことを思い出しました。
毎日ブログで見ているせいか、自分の愛犬のように思っているゴンちゃん。
まだまだ元気でいてほしいです!

フリルさま

まったく一緒ですね。
よかった、一緒で(笑)
散歩なんて行かなかったですよね。
わんこも自由で、でも悪いことしなくて。
フリルさんちのわんこの全速力で帰ってくる様子目に浮かびます。
漫画みたいでかわいい。
御飯も栄養のことなんて考えてなかったですよね、
フィラリアのことも知らず、フィラリアの薬もなく(あったのかなあ)
わんこの寿命なんて短かった。
ペットの扱いが今と全然違う時代でした。
今のようにペットにお金などかけれない世の中でしたものね。
ゴンを愛犬だと思っていただき嬉しいです。
ずっとゴンのブログでありたいです。